2019年10月
S M T W T F S
« Sep    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このブログ内を検索

アーカイブ

ATOM RSS2.0

13 自己啓発・勉強

2019.10.10

13 自己啓発・勉強

AWS認定資格を取ってみる~対策編-VPC~

秋は資格の季節ですね。皆さん勉強のほうは如何でしょうか。
そろそろ、具体的な試験対策について書いていきたいと思います。
今回は、試験で必ず出題される、VPCについて勉強していきます。
VPCとはバーチャル・プライベート・クラウドのことです。
クラウドといえば、サーバやネットワークなどは他のユーザさんと共有になります。
これをあたかも自分専用の環境として使えるのが、VPCです。

例えば、一般的なWEBサービスをオンプレミスで構築するケースを考えます。

・WEBサーバ
・DBサーバ
・ストレージ
が必要となり、さらにネットワークやセキュリティのため
・ルータ
・ファイアウォール
などの機器も用意し、さらに機器ごとに設定をしていく、と非常に手間がかかります。
これらをまるっとAWSのサービスに置き換え、VPCで管理します。

VPCでは、インターネットと通信できる、外部に向けたネットワークをパブリックサブネット、内部のみのセキュアなネットワークをプライベートサブネットと呼びます。インターネット越しに接続するには、インターネットゲートウェイ(IGW)を経由します。

さてここからがAWSの癖?があるところ・・・
AWSには色んなサービスがありますが、インターネット越しに使えるサービスと、プライベートネットワーク内で使えるサービスに二分されます。
例えばストレージサービスであるS3は、前者になりますが、データベースサービスのRDSは後者になります。
ストレージは単体で使いたい、データベースはサーバのバックエンドで使う、というような考え方でしょうか。
では、VPC内においたLinuxサーバ(EC2)からS3を使うときは、S3への通信はどうなると思いますか?

なんと、上図のように、わざわざインターネット越しの通信となるのです。
これでは通信が外部に漏れ、セキュアではありません。
これを解決するには、VPCに、S3に対するエンドポイントを作成します。

これでVPC内のサービスがS3と直接通信することができ、セキュアな環境となります。
試験に必ず一問は出ますので、確実におさえておきましょう。
ではまた!

2019.09.26

13 自己啓発・勉強

AWS認定資格を取ってみる~概要編-EC2~

大阪のNSです。AWS資格取得宣言から、はや一週間が経ちました。勉強のほうは・・・今のところ進んでます!
さて、AWS認定ソリューションアーキテクト―アソシエイトって、どんな試験なんでしょうか。
AWSのサイトにも色々説明が書かれてますが、簡単に言いますと、「業務上の要件を満たすため、AWSの諸々のサービスをどう組み合わせればよいか」がポイントのようです。
AWSのサービスは、ほんと星の数?ほどあるのですが、まずは一番お世話になるであろうEC2というサービスについて紹介します。

1.コンピューティング
クラウドというと、これが一番イメージされるかと思います。いわゆる仮想サーバです。
EC2というサービスが代表です。OSはLinuxやWindows等選べます。最小構成のリソースであれば、一年間無料で構築できます。

2.ストレージ
EC2では、いわゆるディスクは、EBSと呼ばれるストレージを組み合わせます。物理的なハードウェア同様、SSDやHDDが用意されています。EBSはスナップショット取得や暗号化といった機能のほか、I/Oやコストなど特定要件に特化したタイプが用意されています。

3.ネットワーキング
EC2は仮想サーバにて、SSHやWEBアクセスできるよう、IPアドレスが割り当てられます。内部のリソース同士で通信する、またLinuxだとTeraTermで外からアクセスするなど、内・外の通信ができるよう、ネットワークの設定が必要です。
また、当然ながら悪意のあるアクセスを防ぐため、セキュリティの設定も必要です。

ものすご~くざっくりですが、以下のようなイメージです。

文章で長々書きましたが、伝わりにくいかと思います・・・
操作したほうが理解しやすいので、ぜひ無料枠を使ってEC2を作ってみてください。
全てはそこから始まります~!

2019.09.19

13 自己啓発・勉強

AWS認定資格を取ってみる~宣言編~

こんにちは、大阪のNSです。やっと朝晩涼しくなってきましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。

皆さんご存知の通り、アルクでは社員の技術力向上をサポートするため、資格手当が支給されます。
先日、ベンダー資格のAWS認定が、支給対象に追加されました。
新規事業でAWSをかじっている身として、人柱となって資格取得に挑戦し、皆さんの勉強に役立つ情報をお伝えしていきたいと思います!

さてAWS認定資格といっても、レベルやジャンルで色々と分かれています。
AWS認定
※AWSの公式サイトより

資格手当の対象となるのは、アソシエイトから上となります。この中で、一番技術よりな資格である「ソリューションアーキテクト」を受けてみたいと思います。

この試験の推奨として、「一年以上のAWSの業務経験」とありますが、現在AWSを業務でバリバリ使ってます!って人はまずいないかと思います。私もそうです。
よって、学生さん含め、一般の方がお金をかけずにできる試験対策(参考書を中心に、AWSをなるべく無料の範囲で触る)で合格できるのか、試してみたいと思います!

では早速本屋へ行って、参考書を調達です。
色んな参考書がありますが、なぜか値段はどれも示し合わせたように二千円ちょいでした。
なのであとは中身をさらっと見て、合う合わないの感覚で選びましょう!
私は通勤中の読みやすさ重視で以下を選びました。ちなみに今年の7月発行で、一番新しいというのもポイント。この手の技術は革新が速く、数か月でがらっと変わることもありますので。

あとは、AWSを触ったことがない人も、とにかくAWSのサイトにアクセスし、「今すぐ始め」てみましょう。
多くのサービスが一年間、または勉強で触る程度なら、無料で使えます。普段アマゾンでお買い物をしてなくても、アカウントは作れます(無料でも、クレジットカードの登録は必要です)

ではこれから合格する(できるのか!?)までの間、勉強の様子をレポートしていきたいと思いますので、しばしお付き合いください。

2016.12.30

13 自己啓発・勉強

2020年の東京オリンピックに向けて

おはようございます、2部3課 TKです。

先日、2020年東京オリンピックに向けて、東京2020参画プログラムのように様々な活動が動き始めています。とお伝えました。
私もこの活動のメンバーとして、現在、情報収集や調査などを行なっています。

近年、訪日外国人は増えてきていますね。
今年は、よく駅で外国の方に切符の買い方や経路や乗る路線などを聞かれることが多かったです。
もっと英語の勉強しておけばよかったとつくづく思いましたが、拙い英語とジェスチャーを使い何とか伝えられました。
東京都内の電車は日本人でさえ、その複雑さに間違えてしまうこともありますから、外国人にとっては尚更難しいと思います。
また、切符券売機で英語版にしてみると値段のみの表記は変わらないので、目的地までの値段が分からなく、また券売機の上の路線図も日本語のしかないことに気づきました。

訪日外国人の困ったことを調べてみますと、公共交通機関の経路情報、乗り場情報、利用方法で困っている方は多く、英語が通じずコミュニケーションがとれないことも上位の意見としてあがっていました。
ですが、前述したこと以上に困っているという意見が多かったのは、無料公衆無線LAN環境でした。

無線LAN環境というとWi-Fiが思い浮かぶと思いますが、日本は海外と比較するとWi-Fiスポット(無料、有料を含め)の数が少なく、日本はWi-Fiの後進国とも言われているそうです。
日本では、スマートフォンによるデータ量が急増し、携帯会社のネットワーク設備が耐えられなくなってきたため、救済措置としてWi-Fiを利用し、別のネットワークにデータを逃がすことで、携帯のネットワークの負荷を下げる事を目的として、携帯キャリアがWi-Fiスポットを普及させてきたそうです。

日本でも空港、ホテル、駅、コンビニ、カフェ、ファーストフードとWi-Fiスポットが増えてきていますが、日本は外国と比較するとまだまだ少ないそうです。
また、日本のWi-Fiはキャリアによるものも多く、キャリアが異なればWi-Fiがあっても使えないことも多いのです。
このような背景もあり、政府ではWi-Fi環境の設備促進の取り組みを行なっており、徐々にWi-Fiスポットも増えてきています。

日常生活で慣れてしまったり当たり前と思っていること、あまり意識してないことも、少し視点を変えると、色んなことが見えてきますね。
つい視野が狭くなってしまいますが、色んな視点から見るようにし、視野を広くしていき、2020年のオリンピックに向けてクオリティの高いシステム、サービスを提供していきたいと思います。

今年も残りわずかとなりました。
みな様、体調などにはお気をつけて、
良いお年をお迎えください。

2016.12.13

13 自己啓発・勉強

イベントに参加してきました

こんにちは。ユゲです。

先日、施策活動の一環として
国際画像機器展に参加してきました。
画像に関するあらゆる機器、システム、メディアが
展示されるイベントです。

今話題のVR初体験しちゃいました。
ドライブゲームをやったのですが、20秒で酔いました。

4K3Dの大画面でのサカナクションのライブ映像は
最高でした。綺麗すぎ。
東京五輪までには8Kとやらが出るらしいので
肉眼以上のもの(?)が見れそうですね。

と、つい楽しんでしまいましたが、勉強!

最新技術をたっくさん見てきたのですが、中でも
身近なところで使う日がきそうだなと思ったのが、
非接触でディスプレイの操作ができてしまう
モーションキャプチャ技術です。

例えば、回転寿司でよく見る
お寿司を注文するディスプレイなどで使えます。
センサーに手をかざすと瞬時に手の中心と指先を認識し、
手を右から左に動かすと次ページへ進み、
手で1~5とやればその番号に合ったお寿司が注文できます。
ハリーポッターみたい~!

声を出さなくてもドライブスルーができてしまうかもですねぇ。
また、掴む・離す・まわすなどのサインも
認識でき、PCにUSBケーブルをさすだけで使える!

すごいー。
このような技術を参考に新事業でも
取り入れていけたらと思います!

2016.11.25

13 自己啓発・勉強

システム認証方式について調べてみました

みなさんお疲れ様です、ふくすけさんです。

最近色々ありまして、システムの認証方式について調べていました。
認証方式と言えば、ユーザIDとパスワードを入力するのが一般的ですが、最近ではOAuth2.0と言うものが主流のようです。
ではこれは今までのものと何が違うのだろうか?と言う点ですが、システム間でのデータのやり取りが考慮されている部分が特徴だと思います。
システム間でのデータのやり取りと言っても、いまいちピンと来ないかも知れませんが、案外既に世の中に出回っています。
例えば、どこかのサイトに会員登録しようとした時、FacebookでログインとかGoogle+でログインとかのボタンを見たことがありませんか?
あれはFacebookのアカウントを持っていれば、Facebookに登録してあるユーザ情報を登録先のサイトに連携する事で、いちいち住所とか名前を入力しなくても会員登録を行う事ができるのです。
この時の認証処理の流れを規定したものがOAuth2.0なのです。
で、このOAuth2.0のサーバを実装、またはフリーソフトで無いか探してみたのですが、処理シーケンスが非常にややこしいせいかフリーの物は無く、実装もかなり気合を入れないと無理っぽいようです。
ただAmazonのAWS等のクラウドサービスにはOAuth2.0サーバが用意されている事が多いようで、速度重視でOAuth2.0サーバを建てたい時は、クラウドサービスを利用するのが手っ取り早いようです。
クラウドだとサーバの現物を手配する必要もないし、このような機能やサービスが結構色々あるので、今後ますますシステムのクラウド化が進んでいくんだろうなあと思った次第です。

2016.11.07

13 自己啓発・勉強

G空間

こんばんわ、2部1課hmです。

2020年東京オリンピックに向けて、東京2020参画プログラムのように様々な活動が動き始めています。

今回はG空間情報というものについて紹介させていただきたいと思います。

G空間情報とは、地理空間情報と同義であり、位置情報及び「位置情報に関連づけられた情報」とされています。GPSを利用したアプリで最近でわかりやすい例ですとポケモンGOのようなものもありますが、東京オリンピック、パラリンピック開催にあたり、G空間情報を活用した様々なサービスの登場が期待されています。

11月24日(木)〜26(土) 日本科学未来館にて、G空間EXPOというイベントが開催されますので興味のある方は参画してみてはいかかでしょうか。

2009.06.14

13 自己啓発・勉強

ダイキャストって言うのが独特の「ずっしり感」を感じさせてくれます

お疲れ様です、ふるたです。

え~、なんといいますか、読む本は基本的に自由でして。

かと言って、こんな本、もちろんふざけた本じゃないんですけど、
仕事に関係あるかというと・・・。


なんて考え出すときりがないですけど、
バンダイ超合金玩具を作った人の「履歴」の本です。

20090614 003.jpg

(帯のとおり、玩具の天才デザイナーです)

その発想、仕事にかける熱意、少なからず得るものがあります。

まあ基本的におもちゃ、嫌いじゃないんで楽しんで読めました。

これまでの経緯や、それまでの葛藤など
すこし大げさに言うと、かならず人生においても
ぶつかったりすると思います。

そのアプローチがこの本では超合金だったわけで。

ひとつのビジネス書としてみても
十分楽しんでいただけると思います。

他に、玩具好きの方(特にロボットに思いを馳せる男の子だった人)にもお勧めです。

機会がありましたら是非ご一読を。

2009.01.27

13 自己啓発・勉強

簡単に分からないなんて、言ってはいけない。

まいどです、ふるたです。
毎度のことながら本ばかり読んでます。
音楽も聴きます。いい歌は数多くあります。
でも音楽に触れる(聴く)時間は短いです。
ただ、短いながらも心にしみる歌はたくさんあります。
そこには歌詞、曲、歌い手のそれぞれが持つ
情熱や芸術の素晴らしさがあると、そう思います。
本はどうでしょうか?
本に触れる(読む)時間は、音楽に比べれば長いですから
それを面倒に思う方が大勢いるかもしれません。
同じ内容なら読みやすい漫画でもいいかな、
なんて僕自身も思うことがあります。
でも時間をかけて読んだ本の心に与えるものが、
とてつもなく「大きい」ことがあります。
そしてその「大きなもの」を多くの人に共有してもらえたらと思いました。
そんな一冊がこちらです。

(『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』)

[全文を読む]

2008.07.26

13 自己啓発・勉強

密林は文字通り入ると出てこられない。

お疲れ様です、ふるたです。
仕事の本を探して回っていたのですが、
見つからず、Amazonを利用することにしました。
「大空を行けぇ~~、俺の名は~」
そっちじゃないです。
さて届くのは2、3日後だそうで、
これで仕事に拍車が掛かれば万々歳です。
ついでといっては何ですが、久しぶりに読み終えて
素敵な気持ちになれた本があるので紹介します。

(分かりやすい日本語の書き方)
文章の書き方のみならず、
日本語についても丁寧に書かれています。
書かれている内容は普段見落としがちなことや、
当たり前のことなんですけど読み終わって
「これは珠玉の一冊」と思いました。

[全文を読む]

このページの先頭へ