2006年7月
S M T W T F S
« Jun   Aug »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このブログ内を検索

アーカイブ

ATOM RSS2.0

2006年7月12日

2006.07.12

01 仕事

ミサイル発射問題を考える

こんばんわ。ブログ管理者の丸山です。
どこかの国がミサイルを発射したことで、にわかに東アジア情勢が緊張してきましたね。
私としては、とりあえず黙ってミサイルを撃たれるのはどうかと・・・。
今のところ、2005年7月22日の改正自衛隊法の成立により、発射の兆候なしにミサイル飛来した場合、緊急対処要領に基づき防衛庁長官の権限により現場指揮官への迎撃命令が可能とされていますが、「専守防衛の範囲」が非常に曖昧なために、「武力攻撃予測事態における先制的自衛権」が論議されています。
「武力攻撃予測事態における先制的自衛権」噛み砕いて言いますと、ミサイルを撃たれなくても撃たれる脅威があるなら、その発射されるところ(もちろん他所の国)を先に攻撃することです。

[全文を読む]

このページの先頭へ