2022年7月
S M T W T F S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このブログ内を検索

アーカイブ

ATOM RSS2.0

06 コラム

2022.04.13

06 コラム

赤と白のアイツ

どうも。肉アイコンの人です。

今の職場で働き続けてもう随分と経つので見慣れた光景にはなるのですが、徒歩7,8分の所に東京タワーがあります。

これだけ近いと逆に展望台に登ろうか、というような観光気分にはなれないものですね。

 

東京タワーといえばライトアップ。というわけでここからはこれまで撮り貯めた秘蔵映像でお楽しみ下さい。

まずこちら

TOKYO 2020!  ですが開催時ではありません。誘致が決まったときのものです。あの頃はまさかこんな2020年が訪れるとは思いませんでしたね。

実際の開催中のものは?というと在宅ワーク期間だったため撮れませんでした。

どんどんいきましょう。

カラーリングと鈴で分かる人もいるかと思います。これは9/3に撮りました。そう、ドラえもんの誕生日です。こんな遊び心もあるんですね。

さらにこちら

3/3 ひな祭り、ということで菱餅カラーでしょうか。気づいた自分を褒めてあげたいです。

ここからは趣向を変えて

東京タワー下から見てみた!です。大迫力ですね。上からも見てみたいですね。

最後にライトアップではないですが

雪景色に霞むタワーも風情がありますね。

電波塔としても観光地としても今やスカイツリーに押され気味ではありますが、いつまでも東京の夜に光り輝いて欲しいものです。

 

2022.04.11

06 コラム

6Gについて

Watanabeです。

皆さん5G使っていますか。

我が家の家の電話も長らく3Gでしたがついに5Gの契約に変わりました。
まだまだ4Gの電波のお世話になっておりますが音質はVoLTE対応で
各段によくなりました。

さて、皆さん最近6Gというキーワードを聞く機会が増えたのではないでしょうか。
6Gになると実際にどのような良い事があるのでしょうか。

【5Gより一層の高速大容量通信、そして低遅延の実現】
ネットワークの通信速度が人間の神経の反応速度を超えることになるといわれています。
人間拡張基盤の実現に向けて各社取り組みが行われておりまずはスキルの共有、身体のユビキタス化が動き出し脳波をセンシングして体の動作を別の人間に伝えて電気刺激によるコントロールといった事が考えられています。
ネットワークを通じた教育では音声や映像などが活用されることが増えていますが伝えられる情報にはどうしても限界があることから体に直接動きを伝えることでより技術を理解しやすくする狙いがあります。

通信速度が人間の脳の情報処理速度のレベルに近づくことで、単なる映像伝送(視覚・聴覚)だけではなく現実の五感の情報伝送、さらには雰囲気や安心感などの感覚も含めた「多感通信」の実現が考えられています。

他には【超カバレッジ拡張:サービスエリアを拡大】があります。
現在の移動通信システムがカバーしていない空・海・宇宙などを含むあらゆる場所へのカバレッジ拡張の狙いがあり、これによってさらなる活動環境の拡大とそれによる新規産業の創出が期待されています。

例としてドローン事業や遠隔手術の高度化です。
将来的には空飛ぶ車や宇宙旅行や海中旅行などの応用も期待できます。
身近に未来を感じる事ができ楽しみな技術ですね。

今回のコラムは以上です。

2022.03.28

02 私生活

球春ハズム季節到来!!

東京のオホーツクボウイです。

春ですね。桜ですね。開幕ですね。

球春に先立ち、第94回センバツ高校野球で16歳~18歳の未来ある若人達が日々激闘を繰り広げている中、(2022年4月から18歳は成人ですね。)

東京オリンピック金メダルメンバーが集えし、世界最高峰リーグ、日本プロ野球も3/25(金)に開幕しました。

観客動員数も一定水準まで戻ってきており、更にはBIGBOSSの登場で今年のプロ野球は熱くなること間違いなし!!でしょうか。

さて、アルクには野球大好き社員が多く在籍しています。北は北海道日本ハムファイターズ、南は福岡ソフトバンクホークスまで、各球団に熱心なファンが多く在籍しています。

そんな私は日本ハムファイターズを応援していますが、ここ最近はニューウェーブの活躍が少々物足りないのもあり、二刀流のO選手がメジャー移籍以降、あまり熱を持って応援してなかったんですが、今年はなんといってもBIGBOSS!!

また、開幕2戦目で517日ぶりの特大アーチを放ったK選手もいよいよ本領発揮の気配を醸し出していますので、今年のファイターズはダークホース的存在になれるか注目です。

BIGBOSSが監督に就任してから、BIGBOSSの言動や行動が常々注目されており、プロ野球界にとって刺激的且つ進歩的で素敵なことだとは思うのですが、やはりグラウンドでヒーローになる権利があるのは選手一人一人です。アルク社員も一人一人が誰かの何かのヒーローになるべく日々努力を積み重ねている姿は重なるものがありますね。プロである以上(会社員もその道のプロ)責任と自覚を持って成長を続けなければ、いや成長を続けてもいつしかトライアウトに挑戦・・ってことにもなりうる厳しい世界はどの世界でも一緒です。そういった厳しい荒波を20年乗り続けているアルクは足腰が強靭なの間違いなし!!

足腰衰えないように今年は球場にいっぱい足を運んで声を張ってグラウンドの選手に向けて応援したいです。

Life is Beautiful!!

P.S.① ベーブルースと肩を並べる程のビッグネームではまだなかった時に購入しました。

P.S.② 今年はきっとこの人が盛り上げてくれるでしょう!!

P.S.③ そして…この人もがんばってます。

2022.02.10

06 コラム

エクセルで白地図や日本地図を作る方法

始めまして。今年入社しましたOです。
USJが好き過ぎて年に40回も行ってしまうおっちゃんです。
 
自己紹介はほどほどにして本題に入ります。

プレゼン資料やホームページに日本地図を差し込みたいことはないですか?
白地図 日本」なんかで検索して、見つけた画像をお借りしたり、
Webサービスを利用したり、せっせと加工をしているかと思います。

そんな苦労はエクセルで一発解決しましょう。

まずはエクセルで作成した地図のサンプルです。

これまで旅した都道府県を色分けした地図を作ってみました。
色の濃い場所が回数が多い所ですが、唯一山梨県だけが未踏の地ってことが良くわかりますね。
今年中に全国制覇を達成したいです。
 
 
それでは手順の紹介です。
 
 

① 都道府県名とデータを入力

エクセルに都道府県名と色分けしたいデータを入力します。
データを全て0にすると白地図を作ることもできます。

 
 

② 入力したデータを範囲選択

地図を設定するためのデータを選択します。
ヘッダーは選択しなくてもOKです。

 
 

③ 「挿入 > マップ > 塗り分けマップ」を選択

メニューからマップを選択すると地図が表示されます。
Bing地図の承認確認が出た場合は許可します。

 
 

④ 見た目を調整

色やデータ表示は地図上をダブルクリックして編集します。
色々触ってお好みのレイアウトに調整しましょう。

 
あっという間に地図を作ることができました。
 
 
レイアウト編集をすると世界地図も簡単に作ることができます。

 
 
他にも「3Dマップ」を使うと、日本に棒グラフが刺さります。
2022/02/08の新型コロナ陽性者数を表示してみました。

厚生労働省 オープンデータ参照
 
 
いかがでしたでしょうか?
このようにエクセルを利用すると白地図や加工が面倒な地図データも簡単に作成することができます。
「白地図 日本」で検索をしていた人は是非お試しください。
 

2021.03.04

06 コラム

Android基本 ~通信業界と新プラン編~

Watanabeです。

昨今、通信業界の各社、新プランの発表が続き大きな話題を集めています。
新プランを実現するためには何らかのサービスの変更があるという事は想像できます。

ではどのような事が今までと変わってくるでしょうか。

一つ目として、クラウド型のサービスの使用が制限されることがあります。
具体的には電話帳や写真やメールサービスとなります。
ただし、メールについてはスイッチング円滑化タスクフォース会合の中で新料金プランやブランドへの乗り換え後も、キャリアメールを利用可能とすべきという指針が出ておりますので今後制限が緩和される可能性はあります。
我々自身で代替となるアプリに移行する必要が出てきます。

二つ目として、eSIMの普及促進があります。
eSIM対応のAndroid端末、iPhone端末が出てきておりますのでそれらを選択する事で物理的にSIMカードが不要となる仕組みです。
eSIMによりSIMカードの発行や管理コストが抑えられますので通信会社によってはeSIMを選択する事で月額費が割引になるところもあります。

三つ目として、SIMロック解除の推進があります。
今使っている端末がSIMフリーでは無い場合、SIMロックをオンラインで手続きして解除する事で対応するBANDであればそれぞれの通信会社での通信ができる準備が整ってきます。

四つ目として、4Gネットワークの使用があります。
3Gネットワークについては皆さんほとんど意識する事はない事でしょう。
しかし、海上エリアや山間部では使われている所もあり、4Gが混雑していたり届きにくい地域では3Gネットワークが使われる事があります。
また、使用する端末によっては通話にVoLTEを使わず3Gでの通話を使う端末が多く存在します。
(細かくいうとVoLTEには対応しているが一度3Gを経由して使う等の3Gが必要な端末もあります。)
3Gの設備を使用するという事はそれだけ運用コストがかかる事から、4G専用にする事でコストが抑えられる事が考えられます。
我々には選択する通信会社のBANDと自分がよく使用する地域の電波(BAND)が使用する端末に対応しているか(電波が遠くまで届きやすいBAND(プラチナバンド))、そして端末が4G専用の設定で動作するか、これらが関係してきます。
基本的には各通信会社が保証しない端末の使用は自己責任となります。

五つ目として、通話やパケット上限制限の緩和があります。
今までは容量を意識してアプリやインターネットの使用を自分の中で抑えていた事もあった事でしょう。
新プランの真の狙いは、皆さんにもっとネットワークを使ってもらい、それぞれのプライベートであり仕事に
活かしてもらう事での生活の質の向上にあると私は考えております。
それによってその人がサービスを無制限に使いたいとなればその通信会社のフルサービスのプランを選んでくれる事でしょう。

最後に、通信会社の特徴について調査から選択、そして申し込み手続きや本人確認書類の提出から始まり
開通作業、動作確認に関して、自分で行い、オンラインで行うという事が必要になってきます。
何かしらのトラブルが発生した場合にはオンラインでのチャット問い合わせが必要になります。

いかがでしょうか。
基本的には自分自身で調査して事象を解決する事が必要になってきますが、どの端末とどの通信プランとをどのように使うか、皆さん自身が選択できる時代になってきていますので活用してみてはいかがでしょうか。

今回のコラムは以上です。

2020.03.17

06 コラム

5Gについて

Watanabeです。

皆さん5Gというキーワードを聞く機会が増えたのではないでしょうか。

5Gになると実際にどのような良い事があるのでしょうか、考えてみます。

【速い】
4Gでも個人使用の面では速いのですが、5Gではより速くリアルタイムな反応が求められる自動運転、産業ロボット、監視カメラ、ドローンへの活用が期待されています。

【自己の建物や敷地内で5Gを自営のネットワークとして構築・運用するローカル5Gが使用できる】
ローカル5Gの免許はキャリア事業者以外でも基本的に誰でも取得可能です。自宅や自社の他の事業所や工場に従量課金の無い無線の広域ネットワークを構築できる事になります。WiFiでいいのでは?という疑問もあるかと思いますが、Wifiよりも1つの基地局で同時に扱えるモノ、ヒトの数が増えますし、高速に広い範囲で使えます。

期待できる使用例に次のようなものがあります。

例1.
マンションの傍にローカル5Gの基地局を設営すれば建物の工事をする事なく入居者に高速通信サービスを提供できマンションの資産価値があがります。
5Gの提供が遅い郊外の山間部、レジャー地、住宅街への5Gの提供が可能となります。
災害時に既存回線が被災してもローカルな緊急通信網が持ち込めます。

例2.
工場にカメラやセンサーを取り付け状況をデータとして収集分析して設備の故障予兆や製品の品質検査に活用できます。(従来有線や無線に比べて単位面積当たりで同時接続できる無線機器の上限や電波障害の障壁がなくなります。)
ドローンを使い高精度な測量や建機の遠隔・自動操縦ができるようになります。

例3.
街中のカメラを4Kにしてリアルタイムに監視して犯罪防止、画像認識とリアルタイムなAI予測による犯罪の未然抑止ができるようになります。
危険な刃物を持っている人物が歩いている、もみ合いになっている人たちがいる、トラックが暴走している、といった事を自動認識して近くの警官や警備員に状況をリアルタイムに伝える、事ができるようになります。
災害時に画像解析から要救助者の状況をリアルタイムに伝える事ができるようになります。

例4.
救急医療の現場で移動中でも高精細映像を用いた遠隔手術ができるようになります。

まとめますと
5Gの普及に伴って、自動運転や遠隔医療などの実現により暮らしや産業に大きな変革がもたらされ、皆さんの生活がより安全に便利になります。
そして5Gで実現するさまざまなサービスや製品の全世界での売上高は2035年までに最大1300兆円が見込まれており世界経済が大きく発展する事が期待できます。

最後に
こういった「明るい未来を皆が一緒に考えていける事」が一番良い事だと考えています。

2019.07.16

06 コラム

プログラミング教室どうですか

なかなか梅雨明けしない今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
アルクでは、小学校高学年向けにプログラミング教室を開催しています。
もうすぐ小学校は夏休み、長い休みを有意義に過ごせるよう、プログラミング体験など如何でしょうか?
今回は、子供達にプログラミングを教える講師の研修風景をご紹介します。

今年入社のフレッシュなお兄さん、お姉さん達です。

まだちょっと緊張気味?

二人一組で、講師と生徒役をロールプレイングしています。

こちらの二人は真剣勝負です!

夏休み期間中は、平日の午前中も開催します。
まずはお気軽に、無料体験でプログラミングの世界に触れてみては如何でしょうか。
プログラミング教室

2018.10.29

06 コラム

AWSでお手軽WEBサイト構築

こんにちは、新規事業担当のNSです。
すっかり秋らしくなりましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
少し間が空いてしまいましたが、今回はAWSでお手軽にWEBサイトを構築する方法をご紹介します。

WEBサイト構築、というと、まずサーバOSをインストールし、Apache/Tomcatをインストール、設定し、、、ってお膳立てが必要、な時代ではなくなりました!
AWSには、S3というストレージサービスがあります。クラウドでストレージというと、いわゆるファイルサーバみたいなものですが、この仕組みを使って静的ウェブサイトが運用できます。
では早速作っていきましょう。


AWSのコンソールにて、ストレージ⇒S3を選択し、「バケットを作成する」を選択します。


バケット名に、適当な名前を入力し、次へを押下します。


プロパティ、管理項目は特に触らず、次へを押下します。


オプションも特に触らず、次へを押下します。


確認画面が表示されますので、「バケットを作成」を押下します。


バケットが作成されます。ウェブサイトのコンテンツをアップロードします。


ファイルは、フォルダ毎ドラッグ&ドロップ可能です。まだアップロードボタンは押さず、「次へ」を押下します。


パブリックアクセスの許可を追加します。これをすることで、インターネット経由でコンテンツにアクセスすることが可能になります。


ファイルがアップロードできたら、バケットの「プロパティ」を選択します。


色んなメニューが出てきますが、ここで「Static website hosting」を選択します。
「このバケットを使用してウェブサイトをホストする」を選択し、インデックスドキュメントのファイル名を入力し、保存ボタンを押下します。ここで表示されている「エンドポイント」をメモしておいてください。

これだけで、静的ウェブサイトが完成しました!
早速ブラウザを開き、先ほどメモしたエンドポイントのURLにアクセスしてみてください。ウェブサイトが表示されましたでしょうか?
静的サイトといっても、JavaScriptを使ってバックエンドのDBにアクセスさせるなど、リッチなサイトを作ることが可能です。
AWSは個人でもアカウントを作成し、無料で試すことができるので、皆さんもぜひチャレンジしてみて下さい!

2018.08.06

06 コラム

AWSでセキュアなWEBサービス構築

こんにちは、新規事業担当のNSです。
毎日暑い中、皆さん如何お過ごしでしょうか。私はエアコンの効いたオフィスで、AWSと格闘しています。
さて先日、AWSを使うと、WEBサービスの構築がこれまでのやり方と全く変わるお話をしましたが、具体的にどう変わるのか、その片鱗をご紹介します。
自社でWEBサービスを構築し、世の中に提供するには、インターネットでどこからでもアクセスできるよう、「ドメイン」が必要となります。個人で趣味的にやるなら、無料のダイナミックDNSなんてサービスもあるのですが、なんせ無料なので安定稼動の保証がありません。
AWSのRoute53というサービスでは、ドメインを購入することができます。もちろん、サブドメインを切って複数のサービスを運用することも可能です。「.com」ドメインなら、年間10ドル程度とお安いです。
続いて、通信を暗号化するために必須なSSL化について。こちらはCloudFrontとRoute53を組み合わせると、証明書が無料で作成できます。
証明書も個人で趣味的にやるなら、Linuxサーバでopensslを使って、、、なんてやればできますが、手順が面倒だし証明書の保証がありません(アクセスすると盛大に「このサイトは怪しい!」みたいに言われてしまいます・・・)

前置きが長くなりましたが、AWSでRoute53とCloudFrontを組み合わせ、証明書を作成する手順をご紹介します。
AWSのドキュメントって日本語訳が不完全なのと、細分化されすぎて、ハマり所が分かりにくいのです。。。

では早速、AWSのコンソールからCloudFrontにアクセスし、配信設定を開きます。SSL Certificateにて「Request or Import a Certificate with ACM」を選択します。

ACMの証明書のリクエストが開きます。まず第一ハマリポイントです。ここでリージョンを「バージニア北部」に変更しましょう。
なんでバージニア? AWSのドキュメントにもこそっと書かれてますが、ACMで作成した証明書をCloudFrontで使う際は、バージニア北部しか対応してないそう・・・

続いて、証明書を作った人がちゃんとAWSを契約してるのか、確認するための検証手順があります。Route53を使ってドメイン管理してる場合は、自動でCNAMEを作成できるので、迷わず「DNS」を選択します。

ハマリポイントその弐。検証は未完了の状態で進め、次の手順で追加のアクションを行います。

「Route53でのレコードの作成」を選択します。そうすると、CNAMEを自動で作成してくれます。

反映されるまで、数十分かかります。

Route53で確認すると、ちゃんとCNAMEが作成されてます。

ここまできたらもうゴールは目前です。CloudFrontの配信画面に戻り、Custom SSL Certificateで先ほど作成した証明書が選択できるようになります。
後はブラウザで自ドメインにアクセスし、「証明書に問題があります」警告がでずにhttps接続できていれば、OKです。
ではまた、長文にて失礼しました。

2018.07.11

06 コラム

クラウドコンピューティング

新規事業担当のNSです。
新年明けましておめでとうからもう早半年が経ってしまいました・・・
さてこの間、アルクの新規事業も勿論開発が進んでまして、夏にはサンプル版がリリースできそうな勢いです。
せっかく新規事業をやるなら、最新の技術を使ってみたい!と思うのがIT屋の性。
やっぱこれからはクラウドでしょう!ということで数あるクラウドサービスを吟味した結果、よく通販でお世話になっているAmazonのAWSを使ってみることに。選択の理由はなんといってもその歴史の長さ。あとは無料で気軽に試せるところでしょうか。

気軽に、とはいうものの、クラウドサービスで提供されるサービスって、もの凄い数があるのです。
最初安易に、「WEBサービスを立ち上げるなら、フロントはLinuxでバックエンドにDBを置けばいいかな・・・」程度に考えていたのですが、その考え方自体がもうレガシーでした。。。

で、色々調べた末、この構成に。サービスの内容は、モバイルアプリからDBを更新し、その内容をWEBで確認する、というもの。
WEBサーバはLinux上にApache+Tomcatが定番でしょ、と思ってましたが、どっこいストレージサービスのS3を使います。
ここにコンテンツを置くと、あたかもWEBサーバのように動いてくれるんですね。
ただ、完全なWEBサーバではないので、WEBサービスとして必要なキャッシュや証明書、名前解決の類は処理してくれません。
よってフロントにドメインサービスのRoute53と、コンテンツ配信のCloudFrontを置きます。

そしてバックエンドのDBですが、DynamoDBっていわゆるRDSとは違い、NoSQLの部類となります。
よってDBにSELECTするのも、なじみのあるSQLは使えません。
そこで登場するのがLambda(ラムダ)と呼ばれる仕組み。ここは複雑なので、別途解説したいと思います。

ところでAWSって気軽に使えるって言ってるけど・・・ということで使い方。
基本はブラウザから管理コンソール経由で操作します。

非常に沢山サービスがありますね・・・
ではDynamoDBはどんな感じでしょう?

見た目はこんな感じで、画面デザインは統一されています。

テーブルの管理画面です。SQLツールよりシンプルですが、ここはやはりSQLの概念は捨てて望まないといけません。。。

ということで長くなりましたが、クラウドコンピューティングを使う利点は沢山あります。
これから少しづつ紹介していきますので、お楽しみに!

このページの先頭へ