2018年8月
S M T W T F S
« Jul   Sep »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このブログ内を検索

アーカイブ

ATOM RSS2.0

2018年8月

2018.08.22

01 仕事

協力会社様向け懇親会2018(大阪)

こんにちは、1部1課 KWDです。
先日開催しました協力会社様向け懇親会の模様についてご報告します。

この会は、協力会社様との連携をより一層強固にしたいとの思いからはじまりました。

アルクの現場リーダも多く参加し、協力会社様との懇親を深めながら情報交換させて頂くために立食形式での開催です。

代表の挨拶&乾杯を皮切りに、協力会社様と現場リーダと名刺交換を行ったり、日頃ご尽力頂いているエンジニア様への感謝の気持ちもお伝えさせて頂く様子もありました。
また、立食形式の懇親会でしたが、案件情報についても熱心に情報交換して頂けました。

協力会社様同士でも名刺交換をされたり、情報交換されたり、打ち解けてお話されたりする姿を拝見する場面も多々ありました。
アルクだけでなく、参加者の皆様のつながりのきっかけとなりましたら幸いです。

懇親会の途中では、このブログでよく登場するアルク総合運動部の活動をまとめたムービーを流しました。
(↑会場前方のスクリーンに映してたんですが、あまり目立ってなかったですね、すみません。。。)

ご興味を持って下さった方や参加表明して下さった方もおられましたので、次回フットサル日程が決まればお誘いさせて頂きます!

最後になりましたが、ご参加頂きました皆様、お忙しい中本当にありがとうございました!

今後とも株式会社アルクを何卒宜しくお願い致します。

#東京側でも8月上旬に開催し、大阪同様活気につつまれました!

2018.08.19

04 家族・家庭

やってみようプログラミング!

先日の東京は、秋を思わせる爽やかな晴天でした。

そんな晴れた空の下、アルクのプログラミング体験が始まりました。

大切なお子様達をお迎えする準備も、万端です。

迎える先生達はちょっと緊張気味?

今回は、子供達が作った作品を持ち帰れるよう、USBメモリをプレゼント。
なぜか男の子は赤色が、女の子は青色が人気でした。

さあ、いよいよ始まりです!

最近の子供達は、飲み込みが早いですね!

みんなプログラミングは初めてなのに、わずか30分間の説明だけでさくさく作っていきます。

プログラミングの基本は、以下の4つです。
1.作りたいものを考える
2.作る
3.動かす
4.直す
これをイメージできるよう、カードを使って工夫してみました。

さあ、作りたいものを考えたら、さっそくプログラミングです!

みんなプログラミングに夢中です。お家に持って帰って、ぜひ遊んでね!

先生役の皆さん、お疲れ様でした~。差し入れのプリンにご満悦のスイーツ女子。

おまけ?のスイーツ男子。
次回は9月1日(土)開催します。
午前、午後ともまだ空きがありますので、夏休みの終わりにプログラミングは如何ですか?
皆さんの御応募、お待ちしてます!
プログラミング体験 in 麹町

2018.08.07

01 仕事

バスケットボール部活動記録(2018/7月)

 
こんにちは。
バスケットボール部🏀です!

最近毎日暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

バスケ部は暑さにも負けず、台風にも負けず練習をしましたのでその様子を書かせていただきます!
(あわせて6月に行ったBBQ大会の様子もお届けします)

 

7月28日(土) 台風12号

 
台風の影響で部活を開催するかしないか、

「帰宅難民」になることに怯える今日この頃の東京事情です。

バスケ部運用メンバーで話し合いましたが、当日の9時までに自己判断してもらうという方向で中止という選択はなしになりました。

これはもう部長一人でコートにぽつーん。。パターンかとおもいきや、10名の部員が揃ってくれました!(バスケ大好きかよっ嬉)

 

5対5ができる人数でしたので、1試合5分でのゲームを休憩長めで行いました!

試合の合間には、プレーを教えあう光景もみられ、台風だったけど部活開催してよかった・・!なんて思いました。(部長しみじみ)

 
悪天候の中集まって下さった部員のみんな、本当にありがとう☆
(だからといって今後も無理は厳禁ですよ!)

 

次は晴天で(部活は室内ですが、、)部員みんなが参加できますように!

 
▶▶▶
 

そして、6月のBBQ大会の様子もお届けいたします。
 
梅雨時期で心配でしたが小雨の中なんとか開催することが出来ました★
 
練習終わり、練習場の隣に移動し、みんなで乾杯!!
練習⇒BBQの流れでしたがみんなこの日ばっかりはBBQありきのバスケ。
練習中の掛け声も「おいしいビールとお肉の為に全力で!」というような感じでした。

BBQセットのほか、アルクBBQでも大人気の西シェフ特製ローストビーフや吉田室長から差し入れでいただいたお稲荷さんなど、豪華なものが勢ぞろいでおいしいもの尽くしのBBQ大会でした。

 

そして我らの部長 匠さんが誕生日間近だったため、
ケーキを買ってサプライズ☆☆

本人は全く気付いてない状態でかなり驚いておりました(サプライズ成功!)
雨の中頑張ってろうそくに火をつけた甲斐があったー!(風でほとんど消えたけど♡)


 
でもでもそんなことより部長からの一大発表で、
!!!

BBQ大会の中でも一番盛り上がったのではないでしょうか^^

 

内容は部長に直接聞くか、バスケ部に入部してみてください♡

 

もうすぐバスケ部も部を発足して1年が経ちます。
 

発足当時たくさんの方にご迷惑をおかけしてしまいましたが
現在部員数も19名となり、日々楽しく活動しております。

総合運動部長をはじめとし、たくさんの方にご協力していただいたおかげです。

この場をお借りいたしまして感謝いたします。

 
これからも部員一同、ゲストの皆様と楽しく活動していきます!

そしてまだまだ部をよくしていきたいと部長、副部長、マネで意気込んでおりますのでバスケ部にこうご期待!★

バスケ部気になるよ~って方いましたらいつでもお声かけください。

以上、バスケ部でした!!
 

2018.08.06

06 コラム

AWSでセキュアなWEBサービス構築

こんにちは、新規事業担当のNSです。
毎日暑い中、皆さん如何お過ごしでしょうか。私はエアコンの効いたオフィスで、AWSと格闘しています。
さて先日、AWSを使うと、WEBサービスの構築がこれまでのやり方と全く変わるお話をしましたが、具体的にどう変わるのか、その片鱗をご紹介します。
自社でWEBサービスを構築し、世の中に提供するには、インターネットでどこからでもアクセスできるよう、「ドメイン」が必要となります。個人で趣味的にやるなら、無料のダイナミックDNSなんてサービスもあるのですが、なんせ無料なので安定稼動の保証がありません。
AWSのRoute53というサービスでは、ドメインを購入することができます。もちろん、サブドメインを切って複数のサービスを運用することも可能です。「.com」ドメインなら、年間10ドル程度とお安いです。
続いて、通信を暗号化するために必須なSSL化について。こちらはCloudFrontとRoute53を組み合わせると、証明書が無料で作成できます。
証明書も個人で趣味的にやるなら、Linuxサーバでopensslを使って、、、なんてやればできますが、手順が面倒だし証明書の保証がありません(アクセスすると盛大に「このサイトは怪しい!」みたいに言われてしまいます・・・)

前置きが長くなりましたが、AWSでRoute53とCloudFrontを組み合わせ、証明書を作成する手順をご紹介します。
AWSのドキュメントって日本語訳が不完全なのと、細分化されすぎて、ハマり所が分かりにくいのです。。。

では早速、AWSのコンソールからCloudFrontにアクセスし、配信設定を開きます。SSL Certificateにて「Request or Import a Certificate with ACM」を選択します。

ACMの証明書のリクエストが開きます。まず第一ハマリポイントです。ここでリージョンを「バージニア北部」に変更しましょう。
なんでバージニア? AWSのドキュメントにもこそっと書かれてますが、ACMで作成した証明書をCloudFrontで使う際は、バージニア北部しか対応してないそう・・・

続いて、証明書を作った人がちゃんとAWSを契約してるのか、確認するための検証手順があります。Route53を使ってドメイン管理してる場合は、自動でCNAMEを作成できるので、迷わず「DNS」を選択します。

ハマリポイントその弐。検証は未完了の状態で進め、次の手順で追加のアクションを行います。

「Route53でのレコードの作成」を選択します。そうすると、CNAMEを自動で作成してくれます。

反映されるまで、数十分かかります。

Route53で確認すると、ちゃんとCNAMEが作成されてます。

ここまできたらもうゴールは目前です。CloudFrontの配信画面に戻り、Custom SSL Certificateで先ほど作成した証明書が選択できるようになります。
後はブラウザで自ドメインにアクセスし、「証明書に問題があります」警告がでずにhttps接続できていれば、OKです。
ではまた、長文にて失礼しました。

このページの先頭へ