2009年1月
S M T W T F S
« Oct   Feb »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このブログ内を検索

アーカイブ

ATOM RSS2.0

2009年1月

2009.01.27

13 自己啓発・勉強

簡単に分からないなんて、言ってはいけない。

まいどです、ふるたです。
毎度のことながら本ばかり読んでます。
音楽も聴きます。いい歌は数多くあります。
でも音楽に触れる(聴く)時間は短いです。
ただ、短いながらも心にしみる歌はたくさんあります。
そこには歌詞、曲、歌い手のそれぞれが持つ
情熱や芸術の素晴らしさがあると、そう思います。
本はどうでしょうか?
本に触れる(読む)時間は、音楽に比べれば長いですから
それを面倒に思う方が大勢いるかもしれません。
同じ内容なら読みやすい漫画でもいいかな、
なんて僕自身も思うことがあります。
でも時間をかけて読んだ本の心に与えるものが、
とてつもなく「大きい」ことがあります。
そしてその「大きなもの」を多くの人に共有してもらえたらと思いました。
そんな一冊がこちらです。

(『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』)

[全文を読む]

2009.01.20

06 コラム

10の力を出し切れば

おつかれさまです、ふるたです。
1つ、全体会議で役職者からの言葉に
「全力を出して仕事をしてるか?」とありました。
1人1人が力を発揮し、それを束ねれば
それこそ人工衛星のひとつやふたつ、ポコポコ打ち上げることは容易のはずです。
そして1人の力がどれほどのものか、と言うと
これが結構凄いんですよ。
それを証明する一冊『たった一人の大きな力

(人の可能性に驚かされます)

[全文を読む]

2009.01.11

07 マイブーム

まだまだ力はあるはずだ

お疲れ様です、ヒゲを伸ばしているふるたです。
今、現場はヒゲとロン毛で頑張ってます。
頑張るといっても、ただ闇雲に頑張るだけでは、
目をつぶって全力疾走するようなもの。
気が付いたときにはコースを外れて
違うところに行ってしまうかもしれません。
人生の地図はなかなか見つからないけど、
道標になりそうな本がありました。

(羽生善治『決断力』)
誤解を恐れず言うなら、
当たり前のことしか書いてないです。
でも当たり前のことを、
僕はまったく気付いていませんでした。
頭(理屈)では分かっていたけど、
体(こころ、まごころ)では分かっていませんでした。
それを気付かせてくれる一冊。
既に二十五版で有名な本ですが
価値、あります。

[全文を読む]

2009.01.06

12 健康

糖分も溜まればぜい肉になる

お疲れ様です、ふるたです。
継続は力なり。
「力」と言う言葉はたくさんの熟語を持っています。
小学校の卒業アルバムに、校長先生が「力」と言う文字と、
それが持つたくさんの言葉を書かれていました。
活力、気力、知力、胆力、持続力、・・・・・・、
数十個は「力」の付く言葉を上げられていました。
それだけ「力」と言うのは大事なんです。

[全文を読む]

2009.01.02

01 仕事

脇道を行くのも、レールの上を走るのも、楽しむことが大事。

お疲れ様です、ふるたです。
最近、仕事も私生活も慌しくて、
こんな自分である理由は自業自得なんですよね。
原因があるから結果がある。
これからを良くするのも、今の自分次第。
悩んだときには、いつも
「世界中の悩みに比べれば些細なこと、俺はまだまだ頑張れる」
そう思って進んでいます。
原因⇒結果ということで、
いささかこじつけですが宮城谷昌光版「三国志」。

三国志は通常、桃園の誓いか黄巾の乱から物語が始まるのですが
この宮城谷版三国志はその100年も前からさかのぼって始まります。
三国志は漢の衰退から起こるのですが、
どうして漢が衰退して言ったのかを事細かに描いています。
おすすめです。
ちなみに僕が70kg台に体重が戻ったのも原因と結果。
なんだか大仏様みたいに。

[全文を読む]

このページの先頭へ