2007年3月
S M T W T F S
« Feb   Apr »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このブログ内を検索

アーカイブ

ATOM RSS2.0
<<>>

2007.03.04

07 マイブーム

東野圭吾さんの作品

お疲れ様です。
フットサル部大阪キャップ Kimです。
今回の話題はフットサルではなく、マイブームの東野圭吾を紹介します。
漫画大好きなわたくし、活字作品は、国語の授業のみでした。
2006年春に高校の友人に東野圭吾をすすめられ読んでみると、
読みやすくて楽しくていまやドップリです。


創造力がかきたてられ
情景を思い浮かべつつ、次の展開を予測し裏切られつつ、
ドキドキが止まりません。
エンジニア出身の彼の作品は、独自路線で…などとよく巻末の解説にありますが、
そこも彼の作品の魅力の一つではありますが、
私は、彼独特の人間描写が(東野圭吾以外読んだこと無いですが)
特に気に入って愛読しております。
お勧めは『白夜行(集英社, 1999) 』です。
機会があれば是非に
いままでに読んだ東野圭吾の作品
放課後(講談社, 1985)
鳥人計画(新潮社, 1989)
ブルータスの心臓(光文社, 1989)
変身(講談社, 1991)
分身(集英社, 1993)
パラレルワールド・ラブストーリー(中央公論社, 1995)
天空の蜂(講談社, 1995)
白夜行(集英社, 1999)
レイクサイド(実業之日本社, 2002)
トキオ(講談社, 2002)(『時生』に改題)
手紙(毎日新聞社, 2003)
おれは非情勤(集英社文庫, 2003)
さいえんす?(角川文庫, 2005)

このページの先頭へ