ISMS基本方針

ISMS BASIC POLICY

お客様や社会の情報セキュリティに対する期待が高まる中、私たちも、日常業務での安全な行動の実績を積み重ねることで、信頼に応えます。
私たちは、この姿勢を基本とし、セキュリティ上起こりうる様々な脅威から、お客様ならびに当社の情報資産を保護し、機密性・完全性・可用性の水準を、バランスを保ちながら向上させることにより、お客様の総合的な満足度アップと、ICT社会の健全な発展に寄与します。

1. 情報セキュリティに関する体制の構築と管理策の実施
当社のあらゆる企業活動に関わる情報資産を、確実に保護するための体制を構築し、全社を対象とするリスク分析に基づき、適切な管理対策を実施します。

2. 情報セキュリティ教育の実施
業務に従事するすべての者が、情報セキュリティの重要性を認識し実践できるよう、タイムリーで必要な内容の教育・訓練を徹底します。

3. 法令等の遵守
従事者全員で、情報セキュリティに各種法令、および業界基準を、遵守します。

4. 個人情報の保護
個人情報については、プライバシーマーク制度(JIS Q 15001)に準拠した当社の「個人情報保護方針」に則り、安全確実に管理します。

5. 情報セキュリティ事故に対する適切な予防措置
予想しうる情報セキュリティ事故を、未然に防止するとともに、社外事例からも学び、根本対処による事故撲滅を、お約束します。

6. 情報セキュリティの継続的な見直し・改善
これら活動については、経営トップまで含めた定期的な見直し・改善を継続することで、新たな脅威にも的確に対応します。

2016年 10月 01日
株式会社 アルク
代表取締役 北市 剛